ないものねだりをしてしまう私たち

みなさん、こんにちは。協会員のHiromiです。

多くの人をカウンセリングしている中で、よく思うことは、みんなついつい「ないものねだり」をしてしまうということです。

もちろん、私自身も自分に無い物を持っている人に対して羨ましいと思ってしまうことはあります。

しかし、私がいつもルーツDNAを通して教えていただいている事は、

あなたの背景には、何万年の歴史があるんだよ

ということです。

個人的には、「あなたは特別だよ」「あなたにしかない物を持っているんだよ」と言われるよりも、この言葉は説得力がある事実なので、すんなり入ってきます。

そして、そんな歴史が自分にあるというだけでも、自分を大切にしようと思えるんですよね。

DNA心理学を学ぶということは、この何万年というピンとこない歴史を、いかに身近に感じられるようになるかがポイントだと思っています。

身近に感じれて、自分に価値を感じれたら、その人は相手にも価値を感じるようになりますから。

多くの人は、自分が持っている才能には気が付かず、相手のことを羨ましく思ってしまうことが多いですよね。

自分の価値を感じたいという方は、是非ルーツDNAを知ることから初めてみてください。

この記事を書いた人